ქართული | English | 日本語
სამება

大使挨拶


貝谷俊男

駐ジョージア日本国特命全権大使



在ジョージア日本国大使館のホームページへようこそ!ご訪問いただき誠にありがとうございます。

先ず始めに、我が国が「グルジア」の国名呼称を2015年4月22日から「ジョージア」に変更したことをご紹介いたします。これを新たな契機として両国関係の更なる発展のために努力していきたいと考えております。

振り返りますと、1992年に我が国とジョージアとの間で新たな外交関係が創設され、2009年に在ジョージア日本国大使館(現地の実館)が設置されました。私は、ジョージアに常駐する2代目の日本国大使として2013年6月に着任いたしました。

ジョージアは、長く豊かな歴史、美しい国土と自然を持つ国であり、国民の暖かい「おもてなし」の心も有名です。我が国は、近年のジョージアの外交政策、経済的、政治的な発展に大いに注目しており、2012年の国会議員選挙、2013年の大統領選挙及び2014年の地方選挙は、当国の民主主義が着実に発展していることを示すものとして高く評価しております。

日本とジョージアは、自由、民主主義、人権の尊重、法の支配、市場経済といった普遍的価値を共有しております。両国は良好で友好的な関係を有しており、例えば2013年にパンジキゼ外務大臣(当時)が我が国を訪問し、更に2014年にマルグヴェラシヴィリ大統領の訪日では安倍総理と会談し共同声明を発表しました。我が国からは2013年に牧野総理特使(外務大臣政務官:当時)、2014年には逢沢総理特使(日本ジョージア友好議員連盟会長)、西岡ROTOBO会長を団長とするミッションや柳沢JICA理事を団長とするミッションが当国を訪問しました。

当館は、二国間関係をさらに前進させるべく努力しております。東西ハイウェイ建設や草の根人間の安全保障無償資金協力プロジェクトのための資金提供など、幅広い分野での協力を促進しております。また、日本の伝統的および現代的な文化、芸術、音楽、映画を紹介し、日本への留学を希望する学生への奨学金プログラムも提供しています。

私どもは、両国と両国民の関係がさらに強まり深化するよう今後ともこのような努力を続けて参る所存です。