平成29年度案件「イメレティ地区巡回婦人科系がん検診医療機材整備計画」供与式の実施

2019/2/20
2019年2月18日, 平成29年度対ジョージア草の根・人間の安全保障無償資金協力「イメレティ地区巡回婦人科系がん検診医療機材整備計画」供与式が行われました。供与式には,上原大使の他,ヨセブ・ハハレイシィヴィリ(Mr.Ioseb Khakhaleishivili)イメレティ地方副知事,ニノ・トゥヴァルトゥヴァゼ(Ms.Nino Tvaltvadze)クタイシ市副市長,被供与団体の創設者シャルヴァ・シハルリゼ(Mr.Shalva Sikharulidze)氏,マリカ・ダヴィトゥリアニ(Ms. Marika Davituliani)代表等の関係者が出席しました。
  本計画において,日本政府が提供した81,200米ドルにより巡回婦人科系がん検診用医療機材が導入されました。イメレティ地方において,ジョージア政府が実施している乳がん検診,子宮がん検診の受診率を高め,適切な治療によって治癒の確率も高めることができました。

  

  

                                                                    事業実施地