平成30年度案件「ゴリ地区インフラ整備用重機供与計画」供与式の実施

      2019年10月10日, 平成30年度対ジョージア草の根・人間の安全保障無償資金協力案件「ゴリ地区インフラ整備用重機供与計画」供与式が行われました。本供与式には,被供与団体であるエリジャラシヴィリ(Mr. Erasti Elijarashvili)副地区行政府長,タラハッゼ(Ms. Asmati Talakhadze)ゴリ地区議会議員,カマラッゼ(Mr.Lasha Khmaladze)ゴリ地区行政府戦略開発機構代表,ゴリ地区政府下の非営利団体,ゴリ地区飲料水システム,水路,灌漑,井戸及びポンプサービス・マルアシヴィリ(Maruashvili)代表等関係者が出席しました。
  本計画で,日本政府は61,000米ドルを供与し,掘削機・タイヤドーザー一体型の重機(バックホー・ローダー)を1台供与することにより,地域住民に必要とされている基礎インフラを整備し,住民の生活環環境を整えることができました。

 
 
                                                                                                 計画実施地