草の根・人間の安全保障無償資金協力案件 署名式 於:大使公邸 / 2019年2月28日 「イメレティ地方におけるERW(爆発性戦争残存物)除去計画」

2019/3/15
2019年2月28日,大使公邸にて「イメレティ地方におけるERW(爆発性戦争残存物)除去計画」の署名式が行われ,上原大使と同案件の被供与団体代表であるラパヴァ(Mr. Levan Rapava)「ヘイロートラスト」プロジェクトマネージャー代理との間で贈与契約書への署名がなされました。本計画の実施によりイメレティ地方のERWが除去されることで,旧チョント村とその周辺4kmから5km地域の村の住民5,381名の安全が確保され,同住民の生活が改善されます。日本国政府による支援額は7,133,504円となります。

 
 

                                                                 事業実施地